水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

『大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断』

【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者が、大腸内視鏡挿入の理論と実践のための動画を駆使して挿入テクニックのすべてを公開します。少ない症例経験で短期間に安全で無痛の大腸内視鏡をマスターできます。大腸がんは胃がんより死亡者が多く、大腸内視鏡を実地医家に実践していただきたいが、技術難度が高くリスクが高いのがネックとなっていましたが、水浸法+ワンパターンメソッドで誰でも短期間に収得できる方法を開発しました。大腸内視鏡挿入の理論(水浸法)と動画や実際の内視鏡を駆使して挿入テクニック等のすべてを公開します。
 皆様,奮ってご参加ください。
第1部 10:00-12:00 講義、
第2部 13:00-15:00 実技 
(12:00-13:00 昼食・休憩)
 
・大腸内視鏡はワンパターンで挿入できる
・大腸内視鏡検査が3ヶ月でマスターできる
・大腸内視鏡検査は麻酔を使わなくても痛くない
・患者さんにあったスコープ選択システムとは?
・平均挿入時間5分以下の挿入方法とは?
・1日25人検査しても疲れない挿入方法とは?

セミナー要綱
 セミナーNo
160
 開催日
2012年8月5日(日) 10:00~15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
■後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師


午前 水浸法の理論(2021年9月5日公開)


午後 水浸法の実際(2021年10月3日公開)

終了したセミナーの報告と開催の模様
■第160回医療セミナー「”水浸法”による大腸疾患の検査と診断」は盛会裏に終了しました。
 8月5日(日)に開催しました第160回医療技術セミナー「大腸内視鏡における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断」は盛会裏に終了しました。
 講師には、1月29日の同名のセミナーと同様、新宿大腸クリニック院長の後藤利夫先生をお迎えしました。全国の徳州会病院で大腸内視鏡を50名以上指導して来られた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者です。そもそも「水浸法」は20年前に編み出し完成された技法であったとのことですが、今日まで、大腸癌を減らすために臨床にばかり熱心で、普及のための学会での報告や論文投稿、普及活動等を重視して来なかったから・・・普及しなかった、とのお話は、前回にも紹介している通りです。
 講義は、午前が「水浸法」の理論、午後が実技の解説ということでした。大腸内視鏡はワンパターンで挿入できる、検査のやり方は1カ月でマスター出来る、麻酔を使わなくても痛くない、患者さんに合ったスコープ選択システムとは、平均挿入時間5分以内の検査とは、1日に25人検査しても疲れない挿入方法とは?・・を、コロンモデルや大腸内視鏡を駆使しながら、そして今回は改訂していただきバージョンアップしていただいた、たくさんの動画を惜しげもなく余すところなく供覧され、全てを公開されての講義でした。また、フットスイッチ式電動ポンプを紹介され、その製造ノウハウを明かすだけでなく、製作も引き受けられたり・・・と。すごいサービス精神です。毎週毎週、日本全国を暇なく飛び回りながらの診療活動の中で、いつそうした製作に勤しむ時間があるのかしら・・・と、心配になるほどです。恐らく、眠る時間を削っておられることしか、考えが及びません。それでいて、一方で何冊も著書を出しておられるのですから驚きです。
 私も、昨年の春に大腸の検査で、大腸内視鏡を何回か味わいましたが、いとも簡単に終わっていただきましたが、あの時の手法は何法?だったのかしら。痛くしないために、早く手際良くやるために、陰では大変な努力をされているんだな・・・・と今になって想像しました。
 そもそも、大腸は、お尻の穴の次は直腸ですが?、その次にはS字結腸があったり、その後盲腸までに大きく2カ所で迂回(今回、「脾湾曲」「肝湾曲」であることを知りました)していたり、また人によっては太ったり痩せたり、いろんな形状の大腸があるんでしょうね。そこをスムーズに、あんな太い鉄?の棒を通して、内部を覗くのですから。いろんなノウハウや長年の経験が必要なんですね。
 質疑の時間には、会場からも、ネット受講者からも質問が絶えまなく続きました。
 残されたアンケートには、「実践的セミナーで勉強になりました」「コロンモデルでの実演が見たかった」というものがありました。私は、受講者でただお一人だけ、狐につままれたような顔の方が居られたのが気がかりです。 

本に載っているスコープ選択基準表は患者さんの身長と体重から最適スコープを選択する表です。
プリントして表に患者さんの身長と体重をプロットすればいいのですが、面倒くさいのでそれを判定するソフトを以前に作りました。
ところが以前に作ったものはFlashで作ってあったので動かなくなりました。
Flashを.exe保存したら動くは動くのですが、印刷メニューがなくて印刷できませんでした。印刷しなくていいのならこちらをどうぞ。
印刷する人はFlash版より以前にFileMakerで作ったのを配布できる形にしました。
これなら印刷できます。
大腸スコープ選択.zip

後藤先生御侍史
お忙しい所、メールにて失礼致します。
先生の挿入法を本や動画で勉強しております。昨年ポンプ購入やメールで質問させて頂きました。
水浸法を始めて、一年半以上経ちました。痛みなくスムーズに挿入できる事が増え、水浸法の良さを実感しております。まだまだ、体格のいい高齢男性などで手間取る事があります
他の勤務先で使用したいため、チューブ以外の1セットをお願いできますでしょうか。ポンプがないようでしたら、フットスイッチだけでもお願い致します。
お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。


毎度ありがとうございます。
取りおきポンプが家にありました。
本日、ラスト1個をお送りしました。
明日到着予定です。

ポンプを臨床に役立てていただいて、ありがとうございます。
確かに体格のいい高齢男性は小さな高齢女性とはまた違う難しさがあります。
管腔の先が見通せるのでまっすぐと思って押すと大きなループを作ります。
見通しの良さに騙されず、やはりしっかり吸引して腸管を虚脱させましょう。
スコープは太めを使い、スコープが腸管内で空回りしないようするために水の注水量を極力少なくするのがコツかと思います。
がんばって下さい。

後藤

さっそく送って下さり、誠にありがとうございます。アドバイスも頂き、感謝申し上げます。
なかなか上達しないですが、頑張って参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
先生の益々のご活躍を祈念しております。


『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.151 挿入困難のパターン3 メガコロンの人』

水浸法ポンプの使い方

↑このページのトップヘ