水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

スキルアップ代表轟豊語さんのご厚意により2018年10月7・8日と11月3・4日に行った水浸法の伝説のスキルアップ講演の動画がそのままYouTubeプレミア配信で2019年10月13・14日と11月3・4日に公開されました。

『水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアル』の著者自身が本をテキストにして4回に分けて全ページの完全解説をします。特に本の動画解説に力を入れます。また今回初めての試みとして毎回午後の部は会場に内視鏡機械一式を持ち込んでコロンモデルを用いた実演と実技指導を行いますので、今まで以上に実践的な講演になると思います。

この講演は大腸内視鏡をこれから始めようという方、送気法はやっているが水浸法に興味のある方、より苦痛のない挿入法に関心のある方、本を読んだがよくわからない方、動画の説明が分からなかった方などを対象としています。

テキストとして『水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社)を使用します。
こちらからお買い求め下さい。
受講者の感想
先日は、4回にわたり詳細な大腸内視鏡のご講義頂きありがとうございました。
先生の挿入法は、理論的でかつ少なくとも現時点では、一番確実と思いました。
すべてを開示する、“師の握りこぶしはない”姿勢にも感銘いたしました。

  <<第1回>>

10月13日 13:00~15:00 『STEP1理論編』の完全解説
 →YouTubeプレミア配信



10月13日 16:00~18:00 コロンモデルを用いた実演と実技指導①
 →YouTubeプレミア配信



  <<第2回>>

10月14日 10:00~12:00 『STEP2トレーニング編』の完全解説
 →YouTubeプレミア配信



10月14日 13:00~15:00 コロンモデルを用いた実演と実技指導②
 →YouTubeプレミア配信



  <<第3回>>

11月3日 13:00~15:00 『STEP3実践編』の完全解説
 →YouTubeプレミア配信



11月3日 16:00~18:00 コロンモデルによる挿入デモンストレーション
 →YouTubeプレミア配信



  <<第4回>>

11月4日 10:00~12:00 『STEP4挿入困難の解決』『STEP5ポリペクトミー』の完全解説、追加公演『画期的!大評判!下剤を飲まない大腸内視鏡の前処置法、モビプレップ注入法の全テクニック教えます』
 →YouTubeプレミア配信



11月4日 13:00~15:00 人による挿入デモンストレーション ②
 →YouTubeプレミア配信

大阪の先生が水浸法の見学に姫路第一病院に来られました。
本を良く読んでいて、水浸法のことを良く知ってました。

後藤利夫先生

第一週に姫路第一病院で見学させていただきました。書籍にあったメールアドレスを拝見し、メールさせていただきました。
水浸法やいろいろなエッセンスをご指導いただきありがとうございました。
勤務先に帰り、オリンパスの数例送水ポンプとそれを使用できる内視鏡が使えるときに実際行いましたが、不要な送気もなく挿入しやすい印象でした。
他の先生との兼ね合いや送水ポンプが使える内視鏡機種が限られることもあり全例で行えないため、もう少しできる症例で経験したうえで、改めてこのアドレスあてにポンプのお願いをさせていただくかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。
遅くなりましたが、御礼申し上げます。 

了解しました。
ただ、現在ポンプをスコープにつなぐ部分の材料が入手できなくなり、ポンプが作れない状況になっています。
在庫もないので、お待たせする可能性があります。
またご連絡ください。
後藤

新宿大腸クリニック院長
後藤利夫先生御侍史


平素より大変お世話になっております.
私は卒後8年目の消化器内科医として現在星原芳雄先生(先生もご指導されていたとお読みし驚きました)にもご指導賜りながら日々消化器内視鏡の研鑽を積んでおります.
先生が完成された水浸法・ワンパターンメソッドにつきご教示,ご指導を是非賜れたらと思い,この度メールさせていただきました.
水浸法との出会いの経緯ですが,2か月ほど前までは空気法で挿入しており伸び悩みを感じておりました.その折,先輩が所有していた先生の水浸法マニュアルの理論編をお読みしヒントを感じ,試してみたところ挿入効率の安定や挿入疲労感の軽減を実感し,徐々に水浸法にシフトしていきました.その後,先生のマニュアル本を購入,精読しつつ現在高度の前処置不良例を除き,ほぼ全例水浸法による挿入を行っています.先生のブログも並行し拝見させいただいております.
患者様の疼痛や挿入困難例の減少を実感しておりますが,いまだに4人に1人ほど10分以上挿入にかかってしまうのが現状です.
また,上部約2900件,下部約1300件,大腸ポリープ切除約300件程度施行経験があります.

大変お忙しいところ恐縮ですが,ご指導賜れる機会につきご高配いただけましたら幸いです.


指導は大丈夫ですが、日程が合うかどうかだと思います。
見学なら、火曜日と水曜日の湘南厚木病院が可能です。
隔週の木曜日の原町田診療所も可能です。
平日以外はやっていません。
それでよろしければご連絡下さい。
後藤

追伸
星原先生が指導されているのですか?
月曜日はオフですので一度そちらに出向くことは可能です。
状況が可能ならばデモもできます。

後藤利夫先生御侍史


お忙しい中ご返信いただき誠に感謝いたします.
星原先生には毎週金曜に上部内視鏡を指導にきていただいており,指導や様々な早期胃癌の写真をご教示して頂くなど勉強させて頂いてます.
出向いて頂けるというご提案いただき大変うれしいのですが,恐れ多くもあります.ですので,まずは木曜の午後からで宜しければ原町田診療所で見学させて頂きたいと思うのですが,いかがでしょうか?


了解しました。
8/22,9/12,9/26午後1時から3時過ぎ、6~7件やります。
いつでもどうぞ。

後藤先生

昨日は誠にありがとうございました。
マニュアル本にかかれている先生の理論の真髄を目の前で拝見出来、興味深く、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。

水浸法を使っている先生が自分の周りにおりませんので、どうしてもイメージが付きづらかったのですが、本に書いてあることの細かいニュアンスが分かったように思います。また、挿入困難例の方ですが、先生の速やかなスコープチェンジの判断(チェンジ決断の速さに驚きました)や体外ループをプロセッサー側に逃がすテクニックが実際に見れて感激致しました。自分も体格の良い方で難渋したときは無理に粘るのではなく適切にCF-Q260などにチェンジを試してみたいと思いました。

大連や中国のお話も聞けて楽しかったです。

当面はスキルアップのDVDやコロンモデルの練習を行っていき、水浸法を自分の中で固めていきたいと思います。年明けてからになりますが湘南厚木病院には再度見学にうかがわせていただきたいと思いますので、その際はまたよろしくお願いいたします。
大腸挿入ですがコロンモデルを連休中やって大体40ー50秒で入るようになりました。ただ実際の症例ではまだpushが多くなってしまいます。なるべくワンパターンメソッドに帰着させていきたいと思うのですが難しいですね。


あとは人でやるときにコロンモデルを思いだしてやることです。





↑このページのトップヘ