水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

DSC_0391
乳がん術後の母の腫瘍マーカーが少し上昇したこともあって、湘南厚木病院で両親が(おそらく人生最後の)人間ドックを受けました。
1日目はPET検査をし、2日目の胃カメラ・大腸内視鏡は私が実施しました。
父94才、母92才(写真は去年)です。こんな高齢者に検査をする意味があるのかという意見もあると思います。
しかし、母の姉は106才で健在です。健康であればあと10年以上生きるかも知れません。
がんが進行していて大きな手術や、放射線治療、化学療法はしなくても、早期がんで内視鏡でとれるものなら取っておきたい。しかもがん発生の可能性は年とともに増大します。

ところがちょっとした失敗をしてしまいました。
もともと薬に敏感でかつ体重も40kgしかないのに通常量の下剤を飲ませてしまいました。
しかも5年前にやったときにも、母は前日の下剤が効きすぎて腹痛を起こしたのでした。
丁度その日取材があり時間が迫っていたのでそのことをすっかり忘れていました。
やはり夜中の3時頃に腹痛で起きました。
排便後らくになったそうですが、翌日看護師さんから下血の報告あり。内視鏡をしたら虚血性腸炎を起こしていました。
下行結腸6時方向に1条の長さ10cmほどの縦走潰瘍があり、そこから出血していたのです。
そういえばたまたま内視鏡の日に虚血性腸炎を起こす人が今までもまれにいました。
千人に1人くらいですが、体の小さな高齢女性に多かった気がします。
いずれも腸炎の程度は軽く、もしかすると発生機序が少し違うのかも知れません。(虚血でないとか)

たまたま翌日、体の大きな中年男性でS状結腸に強い癒着のある人がいました。
挿入前からその部位に炎症があったので、検査後に「昨晩腹痛はなかったですか?」と聞くと「夜中の3時に痛みで起きました。」と言ってました。
便秘の人や癒着のある人で挿入前に急性腸炎のある人はもしかすると前日の刺激性下剤(当日の容量下剤ではなく)が原因かも知れません。

母はその他に異常なく、自宅安静で回復しました。父は盲腸に5mmのポリープがあり切除しました。
PETも異常なく、検査を受けて安心したと喜んでいます。

しばらく高研と京都科学のコロンモデルしかありませんでしたが、鳥取県米子市の会社が新型コロンモデルを出しました。

鳥取大学の7年目くらいの内視鏡の先生(手弁当)と共同開発したそうです。
この会社はマイコン制御に強く、いろいろ変わった機能が満載です。
練習レベルはS状結腸のみ、スイッチ一つで3タイプに変更できます。
SDの位置が足の方に下がると難しく、頭の方に上がると簡単ということです。
横行結腸の難しさは変更できません。
操作はボタンまたは(ウィンドウズ標準の音声認識エンジンを使って)音声でもできます。
腸管はシリコンでできていてリアルな硬さです。内腔には無名講が刻んであってオリエンテーションがつきやすくなっています。

昼休みで時間が無く私がさわったのは2回だけ、トータル10分程度でしたが一番やさしいモードと一番難しいモードでやってみました。
点数がでるらしく、やさしいモードで97点、難しいモードで94点でした
点数は強く押したり、腸が伸びたり、時間がかかったりすると悪くなるそうです。
難しいモードでやっているときに音声認識が誤作動を起こして勝手に体位変換してしまったため、時間が長引いたのが減点の原因でした。後で聞いたら3分以上で減点されるそうです。
強く押すと機械が「痛い」というそうですが、痛いとは一度もいわせませんでした

値段が370万円とちょっと高いのが玉に瑕ですが、今後はレンタルも考えているようです。
今年8/23のスキルアップセミナーでお借りしたいと申し込んでおきました。(返事はまだですが・・・)
<<このモデルの利用法>>
『無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』に書いたワンパターンメソッドで挿入すれば痛いと言わないはずです。
従って、このモデルはワンパターンメソッドが身についたかどうかの判定機として使えると思います。
水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.65、p.69

http://www.micotech.jp/
mikoto

先生の執筆された「水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル」の読者の一人です。一昨年秋から参考にさせていただいています。なかなか上達しませんが高齢のためかなと思って慰めています。検査開始にあたり先生の著書にありました水浸法ポンプを一台購入させていただきました。どれ位の耐用年数があるかわかりませんが急に壊れると困りますのでもう一台購入させていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。支払い方法はご指定方法でお支払いします。
従来送気法で行っていましたが、水浸法の方が確かに患者さんの苦痛の訴えはほとんどありません。この方法の普及にお務めください。

開業医の先生からうれしいメールが来ました。(太字はこちらで編集)
メールありがとうございます。
実際に診療に応用して頂いて、しかも成果が出ていることがうれしいです。
現在、私の方でポンプのコネクター部分の入手が困難ですが、ポンプとフットスイッチから成る機械部分だけでよければ7000円(送料税込み)でお分けできます。
コネクター部分は輸血用点滴セット、逆流防止弁、延長チューブからなりますが、自作可能です。逆流防止弁と延長チューブはなくてもよく、しかも輸血用でない普通の点滴セットだけでも使用は可能です。
もしそれでよければ1週間程度で発送できます。お返事をお待ちしています。
後藤

早速返信をいただきましてありがとうございます。 機械部分だけで結構ですのよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ