水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

水浸法では空気を全く入れませんので腸管は虚脱していてわずかの力で腸管は短縮します。これを短縮抵抗性がないといいます。コロンモデルの空気を抜くと短縮抵抗師がないのが再現されます。水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.13
 

腸管に空気を入れると短縮しようとしても元に戻ろうとします。これを短縮抵抗性があるといいます。コロンモデルは送気法のモデルですので短縮抵抗があるように作られています。水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.13
 

ワンパターンメソッドのゲームです。画面が止まったら左手の上下左右angleと右手のpush/pullを正しく組み合わせると画面が進みます。1分以内に盲腸に到達してください。水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.74
 

↑このページのトップヘ