水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

本の中に出てくるコロンモデルは今は売っていません。高研のⅠ-Bモデルです。現在、高研が後継モデルを出しています。それ以外には京都科学が2機種出しています。高研のⅠ-Bモデルの代用としては京都科学のより、高研の方がいいです。高研の方が腸管が薄くて柔らかく、本物のタッチに似ているからです。使うときは潤滑剤としてゲル状の液体を使うことになっていますが、シリコンスプレーをおすすめします。使用後に洗浄・乾燥しなくてもかびませんし、使用前の準備もラクです。シリコンスプレーはホームセンターで売っています。

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』にはDVDが付いていません。その分安くなっています。動画はインターネットhttp://suishinho.comに用意しています。サイトを見るためには本に載っているパスワードが必要です。また、本のカバーのはしにあるDVD交換券を送って頂いた方にはサイトの動画が収録された自作DVDを無料で郵送しています。
今回、インターネットの動画には、文字または音声のある動画のほぼ全てに字幕をつけました。

↑このページのトップヘ