後藤利夫先生御侍史
DVD送付を宜しくお願い申し上げます。
私は卒後16年目の消化器内科医です。
後藤先生が御執筆された「水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル」を拝読させて頂きました。
後藤先生の本は大変わかりやすく、特にワンパターンメソッドには感銘を受けました。
ぜひ後藤先生の「水浸法」を習得したいと思っております。
ネット環境が悪いせいか、動画がみれませんでしたので、DVDの申し込みをさせて頂きました。
年齢が若く無い上に、無送気短縮法に慣れてしまっているので習得に時間がかかるかもしれませんが、DVDから沢山のことを学び、一刻も早く 「水浸法」を覚えられるよう精進いたしますので何卒宜しくお願い致します。

本を買っていただきありがとうございます。
DVD発送いたしました。

水浸法も無送気短縮法の一つです。
ですからマスターしやすいのではないかと思います。
水浸法は無送気法に比べて、オリエンテーションがつかないときに少し水を入れるので挿入時間が短縮されます。
是非やってみて下さい。
慣れてくると水を多く入れがちですが、それでも難しい症例は水を入れない方が挿入しやすいはずです。
できるだけ水量を少なく、無送気無送水法に近いのが理想的な水浸法だと思います。

後藤

水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.11