『実地医家のための”水浸法”による大腸内視鏡検査(2回シリーズ)  1.理論とトレーニング』
-1.理論とトレーニング -

【セミナー概要】
 大腸内視鏡挿入は「押す」と挿入が早いですが苦痛があるので通常麻酔を必要とします。「押さない」と苦痛は少なく麻酔を使わなくても可能ですが時間がかかります。挿入時、空気の代わりに少量の水を入れる「水浸法」は押さないので苦痛は少なくしかも時間もあまりかかりません。「無麻酔で5分を切る」内視鏡です。ネットでもG医師として有名な後藤医師は1994年から水浸法を実施し、1995年にはポンプの特許を申請している水浸法の第一人者です。今まで徳洲会以外に明かされなかった秘伝の「水浸法」テクニックをオープンします。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
1.水浸法の理論
2.ワンパターン挿入法
3.トレーニング方法
4.ポンプの作り方

セミナーNo217
2013年9月1日(日) 10::00~15:00
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
■後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/検査技師


午前 水浸法の歴史と理論、ベッド上・コロンモデルによるトレーニング(2021年11月7日公開)


午後 トレーニング上の緒注意(ワンパターンメソッドの理論と練習)(2021年12月5日公開)

終了したセミナーの報告と開催の模様
■第217回セミナー「”水浸法”による大腸内視鏡検査1」は盛会裏に終了しました。
 9月1日(日)に開催しました第217回医療技術セミナー「実地医家のための”水浸法”による大腸内視鏡検査 1.理論とトレーニング」は盛会裏に終了しました。
 講師には新宿大腸クリニック 院長の後藤利夫先生をお迎えしましたが、後藤先生は今回で 6回目になりました。今年は、水浸法とポリペクトミーを組合わせていただき 2回にまとめていただきましたが、今回はそのシリーズの第一回目です。
 今回のお話の中で、昨年には出ませんでした水浸法の歴史が少しだけ語られました。大学病院医局の時期に恩師や先輩たちと工夫され、その後徳洲会に所属され、主にグループ内での教育と研さんのために”門外不出”のワザ的に活用されたので、表?に出ることはなかったものの、ようやく人材もたくさん育ち、余裕?もでてきたところで、一般に公開することにされたようです。テーマは”痛くない”ことと”早く挿入する”ことで、弟子を早くたくさん育てるために患者さん1人1人に合わせたオーダーメイドの技術ではなくて、誰にでも通用するような「ワンパターンメソッド方式」を編み出されたわけです。
 そもそも大腸内視鏡検査といえば、胃カメラもそうでしょうが、ヤワヤワのいくらでも伸びそうな、そして肛門、直腸、S状結腸、そして下方結腸、横行結腸、上向結腸と曲がりくねった大腸の中に、実際は固い内視鏡を突っ込んで検査するわけですが、スムーズに早く挿入することもさることながら、ファイバーの先端に装着されたカメラをいかにスムーズに、自由自在に如意棒のごとく、思った通りに繰り、大腸内壁を観察するか・・・という技術、考えてみればこれは神技としか思えません。ましてや、患者さんの側の心理からすれば、お尻を露出して恥ずかしい、怖い、痛そうだ、事故が起こったらどうしよう・・・との心理・緊張の中で体を固くしているところで、うまく検査しないといけないのですから、尚更ですよね。
 大腸の検査には、これまでair法が採用されてきたようですが、今回の水浸法は、水を大量に入れるのではなくて、通りにくいところ、あるいは見えにくいところで水を1ccずつ注入し検査する・・・(トータルで200cc程度;MAX)というモノで、air法の延長線上にあるものです・・・との解説でした。
 でも、見ていてすごいですよ。コロンモデルを使ったベッド上でのトレーニングや両手と指を使った挿入法の身振りでのトレーニング、語り口は淡々としていて大声を出されるわけでもないのですが、やはり一つの技術の開発に人生を賭けてこられた方のオーラを感じました。
 この日の講義は、ネット中継でも、スポット視聴が多く、注目を集めている技術であることを実感しました。終了後に講師を囲んで大腸鏡を使っての指導を再現されておられましたが、会場での受講者の一人は、感激して、楽しかった・・との声を残してお帰りになりました。