水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル

~本を読んだ人も読んでいない人も、水浸法の人もそうでない人も~

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』中外医学社より好評発売中。
本はマニュアル本ですので「なぜそうするか?」より「なにをするか?」の方に力点がおかれています。
このブログでは本を補完するため理論的な面を詳しく説明します。

This page is supported by NPO 日本内視鏡協会

カテゴリ: 理論解説

『大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断』

【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者が、大腸内視鏡挿入の理論と実践のための動画を駆使して挿入テクニックのすべてを公開します。少ない症例経験で短期間に安全で無痛の大腸内視鏡をマスターできます。大腸がんは胃がんより死亡者が多く、大腸内視鏡を実地医家に実践していただきたいが、技術難度が高くリスクが高いのがネックとなっていましたが、水浸法+ワンパターンメソッドで誰でも短期間に収得できる方法を開発しました。大腸内視鏡挿入の理論(水浸法)と動画や実際の内視鏡を駆使して挿入テクニック等のすべてを公開します。
 皆様,奮ってご参加ください。
第1部 10:00-12:00 講義、
第2部 13:00-15:00 実技 
(12:00-13:00 昼食・休憩)
 
・大腸内視鏡はワンパターンで挿入できる
・大腸内視鏡検査が3ヶ月でマスターできる
・大腸内視鏡検査は麻酔を使わなくても痛くない
・患者さんにあったスコープ選択システムとは?
・平均挿入時間5分以下の挿入方法とは?
・1日25人検査しても疲れない挿入方法とは?

セミナー要綱
 セミナーNo
160
 開催日
2012年8月5日(日) 10:00~15:00
 セミナー会場
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
 講師
■後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師


午前 水浸法の理論(2021年9月5日公開)


午後 水浸法の実際(2021年10月3日公開)

終了したセミナーの報告と開催の模様
■第160回医療セミナー「”水浸法”による大腸疾患の検査と診断」は盛会裏に終了しました。
 8月5日(日)に開催しました第160回医療技術セミナー「大腸内視鏡における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断」は盛会裏に終了しました。
 講師には、1月29日の同名のセミナーと同様、新宿大腸クリニック院長の後藤利夫先生をお迎えしました。全国の徳州会病院で大腸内視鏡を50名以上指導して来られた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者です。そもそも「水浸法」は20年前に編み出し完成された技法であったとのことですが、今日まで、大腸癌を減らすために臨床にばかり熱心で、普及のための学会での報告や論文投稿、普及活動等を重視して来なかったから・・・普及しなかった、とのお話は、前回にも紹介している通りです。
 講義は、午前が「水浸法」の理論、午後が実技の解説ということでした。大腸内視鏡はワンパターンで挿入できる、検査のやり方は1カ月でマスター出来る、麻酔を使わなくても痛くない、患者さんに合ったスコープ選択システムとは、平均挿入時間5分以内の検査とは、1日に25人検査しても疲れない挿入方法とは?・・を、コロンモデルや大腸内視鏡を駆使しながら、そして今回は改訂していただきバージョンアップしていただいた、たくさんの動画を惜しげもなく余すところなく供覧され、全てを公開されての講義でした。また、フットスイッチ式電動ポンプを紹介され、その製造ノウハウを明かすだけでなく、製作も引き受けられたり・・・と。すごいサービス精神です。毎週毎週、日本全国を暇なく飛び回りながらの診療活動の中で、いつそうした製作に勤しむ時間があるのかしら・・・と、心配になるほどです。恐らく、眠る時間を削っておられることしか、考えが及びません。それでいて、一方で何冊も著書を出しておられるのですから驚きです。
 私も、昨年の春に大腸の検査で、大腸内視鏡を何回か味わいましたが、いとも簡単に終わっていただきましたが、あの時の手法は何法?だったのかしら。痛くしないために、早く手際良くやるために、陰では大変な努力をされているんだな・・・・と今になって想像しました。
 そもそも、大腸は、お尻の穴の次は直腸ですが?、その次にはS字結腸があったり、その後盲腸までに大きく2カ所で迂回(今回、「脾湾曲」「肝湾曲」であることを知りました)していたり、また人によっては太ったり痩せたり、いろんな形状の大腸があるんでしょうね。そこをスムーズに、あんな太い鉄?の棒を通して、内部を覗くのですから。いろんなノウハウや長年の経験が必要なんですね。
 質疑の時間には、会場からも、ネット受講者からも質問が絶えまなく続きました。
 残されたアンケートには、「実践的セミナーで勉強になりました」「コロンモデルでの実演が見たかった」というものがありました。私は、受講者でただお一人だけ、狐につままれたような顔の方が居られたのが気がかりです。 

『安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法』

【セミナー概要】
 全国の徳洲会病院で大腸内視鏡医を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者である講師が、いままでおよそ2万個の大腸ポリープを無事故で切除したポリペクトミーのワンパターンメソッドを伝授する「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際」と「新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法」を、動画や実際の内視鏡を駆使して、すべてのテクニックを公開し、その技を伝授します。奮ってご参加ください。

セミナーNo168
2012年9月30日(日) 10:00~15:00
スタンダード会議室 銀座二丁目店
(東京都中央区銀座二丁目6-15)
■後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
■分野: 臨床看護/診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/検査技師


午前(10:00~12:00):安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際(2021年7月4日公開)
~開業医でどこまでできるか?~
見逃さない観察法/失敗しないワンパターンメソッドのポリペクトミー/リピーターを生むフォローアップシステム


午後(13:00 ~15:00):新しい麻酔を使った評判を生む胃カメラ(※すみません非公開です)
~喉麻酔も、経鼻内視鏡も不要~
新しい麻酔の安全な使い方/Xp時代の新しい挿入法/保険請求の仕方/ 新しい麻酔の保険請求の仕方/苦痛のない観察法

終了したセミナーの報告と開催の模様
■第168回セミナー「大腸内視鏡ポリペクトミーと新しい麻酔を使った胃カメラ法」は盛会裏に終了しました。
" 9月30日(日)に開催しました第168回医療技術セミナー「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った""評判の取れる""胃カメラ法」は盛会裏に終了しました。
 講師は、新宿大腸クリニック院長の後藤利夫先生にお願いしました。後藤先生は、全国の徳州会病院で大腸内視鏡検査法を50名以上の方に指導して来られた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者です。そもそもお父さんを大腸がんで亡くされ、大腸がんを撲滅しなければ・・・とこの道に入られたようです。、
 今回のセミナーは、さる1月29日と8月5日に開催しました「大腸内視鏡検査法”水浸法”」が大好評で、かつ3月11日に開催しました「大腸内視鏡ポリペクトミーと新しい麻酔を使った胃カメラ法」もまた好評で、今回の企画となった次第です。他には、5月27日に開催しましたセミナー「便秘とヨーグルト」もまた好評で、今回 5回目の企画となった次第です。とにかく後藤先生の講義は、前置きが無く、いきなり現場での検査作業で得られたノウハウやテクニックの披露が始まるというもので、いささか型破りの感がありますが、今回もその例に漏れないものでした。
 午前の講義は、「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際-開業医でどこまでできるか?」でした。内容としては、①内視鏡検査のポイントと、②ホットバイオプシーのポイント、EMRかスネアか、各々のポイント、③失敗しないワンパターンメソッドのポリペクトミー、④リピーターを生むフォローアップシステム、の諸点で多くのスライドや動画をご供覧いただきました。他に、キーワードとしては、”ホットバイオプシー””EMR””スネア”等で、後藤先生は、ご自分で作られた増患のためのファイルメーカーによる「フォローアップシステム」ソフトを無料でお頒けいただけるとのことです。ご希望の方はご連絡ください。
 午後の講義は、「新しい麻酔を使った評判を生む胃カメラ法-喉麻酔も、経鼻内視鏡も不要」でした。内容としては、①新しい麻酔の安全な使い方、②Xp時代の新しい挿入法、③保険請求の仕方、④新しい麻酔の保険請求の仕方、⑤苦痛のない観察法、の諸点でした。まず、最初のポイントである”新しい麻酔”とは、アメリカでは普及している割には日本では評価されていない麻酔薬で、セルシン(ジアゼバム)やドルミカム(ミダゾラム)とは違うプロポフォール(ディプリバン)という麻酔剤での提案でした。覚醒が早いところにポイントと特徴があり、使ってみた患者さんへのアンケートの結果やセデーション(沈静)の結果や、投与方法、事前に準備するもの、呼吸が下がった時の対処法、保険請求の仕方等に関する解説やデータをたくさんご供覧いただきました。前回にも増して、素晴らしい講義でした。皆様には、よろしければ、是非、前回の復習用DVDもまた、ご活用いただきたいものです。
 質疑ですが、会場からも、ネット受講者からも、たくさん寄せられまして午後のセッションのうち1時間は回答に割かれた程でした。
 この日は、折しも、台風17号が襲来しつつあり、本土や関東地方を直撃するという中で開催されましたが、スケジュールもタイトで代替日がとれない事情からの決行でしたが、たくさんの受講者をお迎えし、特になぜか西からの方が多い中、進められました。セミナーが終わって、お帰りになれずホテルを取られた方も居られたようです。申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。心から感謝申し上げます。"

医療技術セミナー”スキルアップ”さんには永らくお世話になりました。
2012年1月29日から2020年8月23日の約8年7ヶ月の間に23回も講演させていただきました。
今回はスキルアップ代表轟豊語さんのお許しを得て水浸法初回の動画を公開させて頂けることになりました。


大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断
【第一部】”水浸法”理論講義



これは2012年1月29日に行われた第133回スキルアップ講演において、水浸法”を初めて公開したときの動画です。 こちらは午前【第一部】”水浸法”理論講義の動画です。


大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断
【第二部】実技解説



こちらは午後【第二部】実技解説の動画です。


スキルアップ講演がきっかけとなって2016年4月26日に中外医学社から『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』(2021/05/14現在版元で品切中)が発売されました。この動画はその起源ともいえる古いものですが、当時すでに水浸法理論は完成しており、現在とほとんど変わりません。何かの参考になれば幸いです。
YouTube動画の字幕は自動的に多言語に翻訳されますので、動画に字幕を入れました。不要な人は、YouTube画面下の字幕ボタンをクリックして字幕を消してください。

医療技術セミナー”スキルアップ”の「水浸法」講演の歴史

2012年1月29日#133
大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断

2012年3月11日#147
安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法
-~開業医でどこまでできるか?~見逃さない観察法/失敗しないワンパターンメソッド/リピーターを生むフォローアップシステム-

2012年5月27日#144
医師とコ・メディカルのための便秘と各種の大腸疾患、健康食品(特別企画;創立3周年記念謝恩企画3)
-生活習慣、薬物療法、ダイエット、ヨーグルト等の健康食品の選択-

2012年8月5日#160
大腸内視鏡検査における”水浸法”による大腸疾患の検査と診断

2012年9月30日#168
安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法

2013年9月1日#217
実地医家のための”水浸法”による大腸内視鏡検査(2回シリーズ)  1.理論とトレーニング
-1.理論とトレーニング -

2013年11月10日#230
”水浸法”による大腸内視鏡検査(2回シリーズ)  2.実践とポリペクトミー
-2.実践とポリペクトミー-

2014年7月2#249
実地医家のための大腸内視鏡検査における挿入困難例の検討と解決法(午前の部)

2014年9月7日#273
実地医家のためのわかりやすい大腸内視鏡挿入法
-1.“水浸法”とワンパターンメソッド-

2014年11月9日#281
実地医家のためのわかりやすい大腸内視鏡挿入法
-2.部位別テクニックと実際のビデオによる供覧-

2015年8月23日#312
実地医家のためのピロリ新時代の胃カメラ観察法と細径スコープを使った新しい大腸内視鏡挿入法

1015年11月8日#335
無送気で無麻酔で無痛の大腸内視鏡挿入法-注水ポンプを使った”水浸法”の秘伝のテクニックを全公開 ”水浸法”の集大成!
-注水ポンプを使った「水浸法」の秘伝のテクニックを全公開-

2016年4月26日
中外医学社から『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』が発売

2016年7月17日#374
実地医家のためのプロポフォール麻酔と粒良式観察法によるまったく苦痛のない胃カメラ検査法
-プロポフォールの使い方と最速最短の観察法-

2016年9月4日#382
水浸法による無痛大腸内視鏡挿入法
-「“水浸法”による無痛大腸内視鏡挿入法」出版記念!-

2016年11月#393
実地医家のための大腸内視鏡 挿入困難例の解決
-挿入困難に陥ったときの秘伝のテクニックを全公開-

2017年11月3日#447
実地医家のための 大腸内視鏡 挿入の理論と実際
-水浸法と各挿入法を動画で比較する-

2018年10月7日#509
水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアルの完全解説 理論編(STEP 1)
-コロンモデルを用いた実演と実技指導付①-

2018年10月8日#510
水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアルの完全解説 トレーニング編STEP 2)
-コロンモデルを用いた実演と実技指導 ②-

2018年11月3日#511
水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアルの完全解説 実践編(STEP 3)
-コロンモデルを用いた実演と実技指導 ③-

2018年11月4日#512
水浸法による無痛内視鏡挿入マニュアルの完全解説 問題解決編(STEP 4,5) 挿入困難の解決とポリペクトミー
-コロンモデルを用いた実演と実技指導 ④-会場とプログラムに変更有;ご注意ください-

2019年1月14日#523
下剤を飲まない大腸内視鏡検査モビプレップ注入法の全テクニック講義
-前処置時間も短縮! 予約なしでも検査可能に!-

2019年8月4日#562
無痛大腸内視鏡「水浸法」の実演

2020年8月23日#625
無痛大腸内視鏡「水浸法」の実演
-現在日本で販売されている高研、京都科学、MICOTOの3社のコロンモデルを使ったハンズオンセミナー-

(以上のDVDは2021/5/9現在、スキルアップから購入可能です)

先日、若手を指導していたとき、たまたま患者さんが体格のいい老人男性でややメガコロン気味の人でした。

いつも通りSを直線化して脾弯曲に着いたのですが、そこから進まず、押して痛がらせました。
Sの直線化が不十分で再ループを作ったと考え、ライトターンショートニングによるSのループ解除を指示しましたが、回転不足(本来180度必要ですが90度くらいしかしなかった)もあってできませんでしたので、私に変わりました。

ループ解除は、初めまっすぐ引いてループ最小円を作り、引くのを止めて90度回し、さらに90度回しながら30cm引くのがルーチンです。ところが、その人は回転途中で抜けてきます。
そこで、体位を仰臥位から左側臥位に変えて、全く同じことをしたら、今度は一発でループ解除できました。
見ていた医師は思わず「うわっ」と声を上げました。

ループを解除するためには、いったんスコープの作る円がおなかの中で立ち上がらないといけませんが、その十分な高さがないと途中で抜けてきます。
仰臥位から左側臥位にすることによって、重力によって凹んでいたお腹が前に出るので、高さが確保されループ解除がしやすくなったのです。

スコープの輪の直径が10cmですので、それより狭い間隔の2枚の板で挟むとそのループは解除できません。(2枚の板理論)
『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.56 2枚の板理論』
scan069
ポイント:ループ解除は左側臥位で

本にもちゃんと「患者さんを仰臥位から側臥位にするなども効果的です」と書いてあります。『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.59』

検討.
本症例は最初からずっと硬度0でした。
脾弯曲のところで、硬度を1上げていれば、そもそもループを作らなかったかも知れません。

送気法で大腸内視鏡をやっていた開業医の先生がより痛みの少ない水浸法+ワンパターンメソッドに取り組んでいます。
現在、私がコロンモデルをお貸しして自分のクリニックで練習中です。
本日先生からのコロンモデル拝受しました。
がんばって練習します。ありがとうございます。

練習は自分のところで、たまに厚木で進捗具合をチェックするシステムがいいと思います。

後藤先生

アドバイスありがとうございました。

コロンモデルを送っていただいてから、朝少し早く出勤して練習するようにしています。
このコロンモデルで通常の視野を得るのにまた少し時間がかかりましたが、なんとか今は安定してきました。
悩んでいるところとしては、コロンモデルのワンパターンメソッドをなかなか実際の患者さんに応用できていない点です。
今週水曜日、先生がいらっしゃれば厚木に伺いたいと思いますが、先生がなさる患者さんのCFをしっかり観察させていただきたいと思います。

まだ先は長い気がしております。
今後ともよろしくお願いいたします。


コロンモデルを1000回やって100発100中でワンパターンとなれば1分を切ります。
そのくらいにならないと人でワンパターンができません。
ところが1分を切っても、人でやると最初は送気法と水浸法の視界の違いにとまどいます。
あまりに近すぎて、オリエンテーションを見つけにくいのです。
人で100例くらいやって、水浸法の視界に慣れたら、人もコロンモデルと同じだなと実感します。

後藤先生

ありがとうございます。
コロンモデルでワンパターンが完成していないからまだ焦らなくていいのですね。
地道にコロンモデルの練習を重ねます。

『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル p.64 コロンモデルトレーニング』

↑このページのトップヘ